住み慣れた地域で、ご自宅で過ごすために…      年々高まるニーズに対応。

迫り来る超高齢化社会、働き手人口の減少も深刻化

2010年は高齢者1人を2.8人の働き手で支え、

2050年には1.3人で支える社会が到来。


少子高齢化が急速に進む日本では、今後働く世代はどんどん少なくなる一方です。

1950年以降一貫して増加する65歳以上の高齢者人口は、 間もなく3,000万人を超え、長期に3,600万人強の規模を長期に維持すると予測されます。

 

この世代が仕事と介護を両立させることは厳しい現状があり、介護サービスへのニーズはますます高くなり、また両親とも介護が必要となると、家族・親族だけでは支えきれなくなることも考えられます。

グラフ:日本の年齢区分別将来人口推計

データ出典:厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(2012年1月30日)」 、内閣府「高齢社会白書(2011年版)」

介護保険制度開始以来、介護費用は増加を継続中

2011年度は2000年度の2.3倍、2025年度には約6倍になる見込み

 

居宅サービスが伸び、中でも、通所介護(デイサービス)の規模が拡大しています(2011年度は2000年度の約4倍)

 

介護費用額の推移と予測

データ出典:国民健康保険中央会統計情報 (厚生労働省平成24年3月資料)

居宅サービスの受給者数が増加傾向に

介護サービス受給者の73.5%を

居宅サービスが受け入れている現状


拡大する介護ニーズの中で、24時間介護など費用のかかる施設サービスには行政が総量規制を引いている現状があります。

 

このため、2011年度は居宅サービス(通所介護、訪問介護、通所リハビリ、短期入所など)が、介護サービス受給者の73.5%を受け入れています。

グラフ:サービス別介護サービス受給者数

データ出典:国民健康保険中央会統計情報(厚生労働省平成23年6月資料)

高齢者の意識も、「施設より在宅」に。

住み慣れた地域で健康に暮らしたい…

穏やかに老いていきたい…


行きたい時に行きたい処へ 、他人の介助なしに行ける能力を維持して生活していきたい… これは、誰しもが願っていることです。

  • 都会には一人暮らし、夫婦のみの高齢者世帯が多い
  • 自立心に富み、趣味も多様な団塊の世代の多くが住む
  • 生涯現役の意識も強く、長年暮らした都市圏から離れない
  • 健康や美容に強い関心を持つ

こうした人々のニーズに答えるデイサービスを提供していくことが、私たちやわらグループの介護サービスです。

 

説明会参加申し込みはこちらから「参加申込詳細